リプレイ

もう一度人生をやり直すことができたら、と思うことがありませんか。
やり直すことができるなら、私は、中学生くらいからやり直したいと思います。
もっと、勉強するか、自分に合うような仕事は何かをもっと早い段階で見つけたいです。
それか、大学生くらいに戻って、もっと早く良い相手を見つけて、結婚して幸せな家庭を築きたいです。
もう一度人生をやり直すことができたら、今と同じような人生を送りたくないという人がほとんとではないでしょうか。

何度も人生をやり直すという本を読みました。
「リプレイ」という本です。
この本の主人公は、何度人生を構築しようとしても、何度も途中でやり直すことになります。
人生が上手くいっていても、またやり直さなければいけないくなるのです。
主人公は、人生をやり直すことができますが、また、戻れないということも経験するというお話です。
新しい人生をやり直すと、上手くいき、手に入れることができたもの多くあります。
でも、また、それを失う悲しみも経験するのです。
そして、人生で大事なものは何か、ということが分かってくるのです。
だいぶ前に、一度この本を読んだのですが、この前改めて読み直すと違うものを感じることができました。

人生はやり直しが利かないものだから良いものかもしれません。
もしやり直しができたとしても、結局、同じよな失敗を繰り返してしまうのかもしれません。
そして、今の人生で出会った大事な人たちとも出会うことができないかもしれません。
人生は一度しかないと思うから、一生懸命に生きようと思うのでしょうね。
やり直しが利くと思えば、無駄に過ごしてしまうかもしれません。
どんな人生であれ、誰でも、何とか良くしようと思って生きていますよね。
それは、人生が一度しかない大事なものなのだからでしょう。

今までの人生を振り返って、こうすればよかったと後悔することは、大事なことかもしれません。
でも、今をどう生きるか、これからどう生きるかということがもっと大事なことです。
一度しかない人生を大事に過ごそう。
この本を読んで、そんなことを考えました。


If you want to follow this post leave a comment bellow and continue the thread, or sbscribe the feed.

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。